楽あれば苦あり

楽した後には苦労する

 

楽 あれば(動詞「有る」の仮定形) 苦あり。

楽から苦への連動を表しており、その逆は謳われていない。

よって、苦労すれば必ず楽しいことがあるとは言い切れない。